宮崎県|米良電機産業株式会社 地域貢献、社員育成をモットーに革新し続ける
トップページ 納入実績 ECO提案 私たちの仕事 会社案内 企業グループ 社会貢献 採用情報
お知らせ
みやざきCOC+推進協議会 シンポジウムに参加
 宮崎大学をはじめ本県内の各大学、宮崎県、宮崎県商工会議所連合会、JA宮崎中央会、宮崎銀行などで構成される、みやざきCOC+推進協議会は、去る12月10日、宮崎市内のニューウェルシティ宮崎に於いて、シンポジウム2019「地(知)の拠点」の新たなステージへ、をテーマに講演会を開催しました。約150名が参加しました。
 本県の青年経済人を代表して、(株)共立電機製作所の米良 充朝 副社長がそのパネルディスカッションに参加いたしました。弊社の副社長、米良 充朝は、地域の商工会議所の活動ばかりではなく、日本商工会議所青年部で長年、大役を任され活動し、外の視点から見た宮崎のメリットやデメリットも含め、地域おこしを行っています。
 同ディスカッションでは、「これからの宮崎のマチ・ヒト・シゴトを考える」をテーマに、産・学・官の連携という面で、産業の育成という観点にフォーカスを絞り、これからどのようにしていくべきか?をテーマに討論。ターゲットを定め今後の宮崎の課題を明確にした上で、しっかりと仕組みをつくり、動かす。また、単純に教育という観点ではなく、学生たち、若い世代を巻き込みながら街づくりを進め、お金を生むようなビジネス、一歩踏み込んだ形の事業モデルを作っていくことを検討した方が良いと米良 充朝は提言しました。
観光地や繁華街など、宮崎の利点を、つまり、自然や美味しい食べ物、ハードの部分ももちろん含めて、県内外にもっと産・学・官が一体となって知恵を出し合い、幅広くPRしていくべき手法を取っていきたいとも発言。また、それを成す為に、コミットするメンバーを多く集めて仕組み作りをしていくチャレンジが必要であると語りました。
写真はシンポジウムのもようです。


 

米良電機産業株式会社
ホーム / お知らせ・新着情報 / 納入実績 / ECO提案 / 私たちの仕事 / 会社案内 / 企業グループ / 社会貢献
採用情報 / 商品紹介 / 展示会 / 米良新聞 / お問合せ / サイトマップ / 管理者ログイン
copyright(c)2010 mera-denki-sangyo Co., Ltd. All Right Reserved.